4 学校経営方針

 

(1)基本方針
・家庭や地域と教育課程を共有し、知徳体のバランスがとれた教育活動を通じて、学び続ける子どもを育てる学校経営を進める。

・教職員同士が、教職員と子どもが、解決すべき課題を共有し、その解決に同じ方向に、自らの良さを伸ばしながら具体的に取り組んでいる学校をめざす。

 

(2)教育目標

「やさしく(思いやりがあり助け合う)」

「かしこく(よく考え自ら学ぶ)」

「しなやかに(生命を大切にし健康である)」

(3)めざす学校の姿

◇学校像

「子どもも教師も保護者も、明るく元気で、共に学びながら成長が実感できる学校」

◇子ども像

か 果敢に最後まで挑戦する子ども(体)

ね 粘り強く学ぶ子ども(知)

や 優しく思いやりのある子ども(徳)

ま 周りの人にあいさつできる子ども(徳)

⇒「自分たちで考えてくらしを創っていく子ども」を育てたい(社会的自立)

◇教職員像

「心身の健康を保ち、研修と修養に努め、信頼と尊敬を得られる教職員」

(1)子どもに、保護者に、教師仲間に「信頼」を得られる教職員

(2)学校組織の一員としての自覚を持って働く教職員

(3)小学校6年間を見通して、子どもを育てる教職員

(4)経営の重点

① 果敢に最後まで挑戦する子ども(体)

 ア 教科体育の充実と日常的な場づくりの推進

 イ 外部機関と連携した体験的な学びを通した保健・安全指導の充実

② 粘り強く学ぶ子ども(知)

 ア 聴くことを大切にした態度・能力の育成

 イ 校内研究テーマに基づいた授業づくりの日常化

 ウ 家庭学習の充実による学びの習慣化

 エ 読書の質の向上と量の増加

③ 優しく思いやりのある子ども(徳)

 ア 落ち着いた廊下歩行の励行

 イ コミュニケーション能力の育成

 ウ いじめ0をめざした活動への支援

④ 周りの人へあいさつできる子ども(徳)

 ア 進んでするあいさつの奨励

 イ 児童の主体性を育む生徒指導や児童会活動の充実